コミュニケーション

女性心理 職場での本音の言葉と社交辞令を検証!?好きな人に嫉妬させる駆け引きでとる態度とは?

更新日:

「女心と秋の空」なんて言いますが、女性心理って難しいでしょうか?好意の視線を向けていたかと思えば、好きな人なのにあまり意味なく“怒る”態度を見せてみたり、恋愛の駆け引きなのか感情の高ぶりなのか、男性には意味不明な行動に映るかもしれません。

今回は、男性が知りたがるそんな女性心理の中から、職場での言葉で本音と社交辞令を見分ける検証をしてみたいと思います。

そして、女性が男性の気を引くための駆け引きで、“好きな人に嫉妬させる”とはどうゆうことを言うのか?についても、併せて見ていきたいと思います。

職場で本音と社交辞令を使い分ける女性心理とは?

社会人になると、男性と女性が出会うきっかけが少なくなるといわれています。会社内の同僚ととか、取引先の人という身近な人と恋愛関係となってる人も多いようです。

と考えるならば、あなたの身近にいる女性があなたに好意を持っている可能性もあるわけです。しかし、職場である以上、女性の側もあからさまな態度をとるわけにもいかず、それとなくサインを出している場合があります。

男性であるあなたは、そんな女性のサインを見過ごすことなくキャッチしていきたいもの。女性心理を理解しつつ女性の本音と建前(社交辞令)を見分けて、素敵な恋愛をしていきましょう。

女性心理から見て本音のサインとは?

では、早速、女性心理から見て、女性が本音で出している“本気サイン”と思われるものには、どんなものがあるのか、見ていきたいと思います。

  • 仕事上でのミスをさりげなくフォローしカバーしてくれる・・・こっそりと「こないだの資料違ってたから直したので、また見ておいてください」など。男性のミスを他に漏らしてはいけないので、個別のメールで知らせる気遣いをする女性もいたりするようです。
  • 仕事の相談を持ち掛けてくる・・・部署や立場にもよりますが、仕事の相談を持ち掛けてくる女性。“前向き”だし“積極的”な好印象を与えっることでしょう。好きな人の前では自分のいいところを見てほしいと思うもの。好意アリの可能性があります。
  • 二人で食事に行きたがる
  • とにかく褒めてくれることが多い。
  • 飲みの時気づいたらそばにいることが多い
  • いつも笑っている。いつも笑顔
  • 他の人より自分への質問が多い
  • あなたの恋愛観やプライベートを聞きたがる・・・2人っきりになった時に限りますが、あなたのの恋愛事情を細かく聞き出そうとしてくる。「今、彼女はいるの?」、「どんな人がタイプなの?」とか、または、家族構成なども。
  • 視線がよく合うことが多い・・・男性でも女性でも同じ。気になる人は見てしまう。
  • 残業を手伝ってくれようとする

などです。女性心理はは難しいといえど、注意して理解していきたいですね。

これって社交辞令?

そして間違えると厄介なのが社交辞令。いわゆる、建前というものです。女性によって違いもありますが一般的な話としてみていきたいと思います。どんな言葉に注意が必要かというと・・

  • 「凄いですね」・・・一見、褒めてくれるので本音のサインと思ったりしそうです。「すご~い」とか言われた経験はないですか?本気で「凄い」と思ってる時もありますが、この場を乗り切るときや「それほどでもないかも」などと思ってるときに使うようです。
  • [また連絡するね」・・・これは仕事であれば、進捗状況などの北国で必要なこととなりますが、プライベートではあなたと彼女との間には距離があると考えていいようです。なぜなら、もし本気の相手なら、彼女はそんな曖昧な約束ではなく具体的な約束にするからです。
  • 「真面目な方ですね」「堅実な方ですね」・・・これらは、相手を傷つけないように使う言葉で、「つまらない」とは言えないからの社交辞令の場合があるようです。ただ、本当に真面目だと思ったときにも普通に使うので、その使い分けを見極めないといけません。
  • 「また誘って・・」・・・これは、先程の「また連絡するね」と同じ。本当に本気なら、「また」ではなく「今度いつにする?」となるはずです。
  • 予定を聞かれてゴニョゴニョ・・・予定を聞かれてもはっきりした答えを言わない。いつまでも決めかねているような状態だと“脈なし”かも。
婚活に疲れた女性にみてほしい!?結婚の決め手とは⁈

婚活を頑張っていても上手くいかないとき、「疲れた」と感じることがあるかもしれません。 男性・女性とも、30代、40代を迎えるとそろそろ「結婚」と考えて、出会いを求めて、結婚相談所に登録したり、合コンに ...

続きを見る

嫉妬させるかけ引きとは?

男性でも女でも、嫉妬するのは生物学的な理由があるそうです。そもそも人間の生きる目的は子孫を残すこと。なので、人に相手をとられまいとして嫉妬し、それが人でなくても、自分との間を割くものならどんなものでも嫉妬するわけです。

例えば、彼氏がゴルフや釣りばかりに行ってると、女性がゴルフや釣りに嫉妬してしまうなんてことにもなります。これが同性に対してはなおさらです。この嫉妬心をうまく利用して駆け引きする女性もいるようです。

  • メールの返信はすぐしない
  • 他の異性と仲良くしているところを見せる
  • 急にそっけない態度をとる
  • 急にメール・電話をするのをやめる
  • 大勢で会うときと二人で会うときの態度を変える
  • デートの誘いはたまに断る

相手の男性の嫉妬心を掻き立てさせることで、自分の方に意識を向かせるようにする。使い切ることができれば高等テクニックとなります。

女性は、本能的に自分の方を向いてほしいとか、守ってもらいたいとか思うため、男性に気づかせるためわざと“嫉妬”を使った駆け引きをすることがあるようです。

裏を返せば、この女性心理は、その駆け引きをしている男性に“好き”と言っているようなものなので、男性がこれに気づきうまくリードしてあげることでより良い関係が気付いていけるのかもしれません。

まとめ

今回は、女性心理から職場での本音の言葉と建前と言えるような社交辞令とをどう見分けるかについてみてきました。

  • まず、職場において、女性の側から男性に対し本音でアピールしている状態について考えてみました。女性心理は難しいとか言われますが、注意しておくと分かることも多いようです。
  • また、その逆に社交辞令の建前見ついてみてきました。この社交辞令に気付かず、女性に付きまとうのはあまりカッコいいとは言えません。参考にして見極めていきましょう。
  • そして、女性がよく使うテクニックで、相手に嫉妬させるというのがあります。このかけ引きは、ある意味では本能から来ているもので、目の前の男性をとられないようにするためのもの。裏を返せば「大好き」と言っているようなもののようですね。

今回見てきた女性心理を参考にしていただき、職場での彼女との関係を上手くコントロールできる男性になってください。

Copyright© Lovely moments , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.